最近の記事

2012年09月25日

根元は薬、毛先は草で

メール予約されてたY様が、グレイカラーで来店です。

4月以前は水溶きカラーで染めてたのだが、暗めにしかならないのと明るくしたいという希望で、4月からはアルカリカラーで染め始めました。

均一に生えてない白髪、明るくなりにくい髪質の黒髪、白髪をしっかり染めて、黒髪を明るくする、、、大変です^^;

新生毛と表面の退色した髪のみアルカリカラーで染め、他の髪はハナヘナのナチュラルで、色味のオレンジが退色したグレイをぼかしてくれるのと、トリートメント効果で塗布していった。

IMG_3734.JPG

タイムアップ後、DO-ST2sysで、カラーの残留成分を除去し、DO-Sトリートメントで仕上げです。

カットと量感調節(インサイドセニング←私の造語。中間、毛先の重みを残しながらのセニング法)をし、ブロー仕上げです。

IMG_3735.JPG

IMG_3736.JPG

はい、完成です('∀`)

Y様、ありがとうございました(_^_)

 

posted by pieddepoule at 15:27 | Comment(0) | カラー&ヘナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。