最近の記事

2011年12月07日

DO-S OIL 入荷


image-20111207084259.png

DO−S取扱い正規美容室のPied de Pouleに、これからの乾燥の季節に必需品なオイルが入荷しました。

dosoil.jpg

DO−Sオイル 30ml 1470円(税込)


シャンプー前に 頭皮につけて スキャルプケア!

ブロー後にDO−Sトリートメントに1摘まぜて 質感調整

または 単品で少量塗布して 艶感UP

ヘナやアワルに極少量混入させる事も可能です。

色々な用途に使える 万能オイルです。

《内容成分》

ミリスチル酸イソプロピル、ホホバ種子油、

オクタン酸セチル、トコフェノール

 

posted by pieddepoule at 08:43 | Comment(0) | 商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月29日

洗うだけのDO-Sシャンプー

Pied de Pouleでも、先日からテクナールに次いで販売を開始したDO-S SHAMPOO & TREATMENT

その開発者の場末のパーマ屋こと"どS"さんが、その製造過程をブログにアップされてたので、流用させてもらいます。

現場主義な俺様たちは、やはり、モノ作りにも現場主義を発揮しなければいけない。

実際に作っている方たちとコミニュケーションを取り、より良いモノを作っていく姿勢がとても大切なような気がする。

ヒト、モノ、カネの順序は、どんな事でも一番大事だと思う。

やはり、人、が一番なんだ。

だから、場末のパーマ屋も商品を作る時は、かならず作ってくれるヒトを一番に大切にする。

うちのほうが、コスト(カネ)が安いです。

とかいう所では選ばない・・・

納得いくまで試作を繰り返してくれたり、いろんな相談に乗ってもらったり、時には、めんどくさい、じぃじの無理な注文に一生懸命付き合ってくれたり・・・

そ、場末のパーマ屋の商品は、ヒトの思いで作られているんだ。

じゃ、今日はそんなDO−Sシャンプーの製造工程を紹介しよう!

DO−Sシャンプーは、鮮度や品質にこだわるため大量生産は絶対にしない。。

めんどくさいけど、少量を月に何度も製造してもらってるんだ。

大手メーカーなんかと違うんだからね!

0001_20111029065716.jpg

1回の製作は、必ず600kgしか作らない。。

こんな釜で、材料をレシピ通りにまぜまぜしちゃう♪

0002_20111029065715.jpg

温度、時間、すべてが大切。

職人気質なこだわりが、随所にあるんだな。

0005_20111029065715.jpg

やはり、オシャレもへったくれも無いシンプルな容器やないかい(笑)

モノ(容器)にはカネをかけない・・・

男は黙って中身で勝負するんだ(爆)

0004_20111029065715.jpg

職人が、状態を見ながら1個ずつ、人間の手で注入する。

0007_20111029065714.jpg

1L用のリフェルは、詰めるのもメンドクサソウだな(笑)

0010_20111029065715.jpg

整然と行進するDO−Sシャンプー

0011_20111029065758.jpg

1Lのシールも丁寧に一枚ずつ貼っていくんだ!

0013_20111029065757.jpg

そしたら 箱詰め〜

リフェルがつぶれないように 4個入りの中箱に入れる。

0015_20111029065757.jpg

出庫を待つ DO−Sシャンプー

こうやって 場末のパーマ屋 オリジナルシャンプーは 出来ている。

熟練シャンプー職人と現場主義だけのおいぼれ美容師の、心のこもった洗うだけのシャンプーなのだ♪





DO−Sシャンプー&トリートメントの生みの親場末のパーマ屋こと"どS"さんのブログ

 

posted by pieddepoule at 15:29 | Comment(0) | 商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月19日

新DO-Sシャンプー&トリートメントの発売


image-20111019165326.png

DO-S SHAMPOO & TREATMENT

「どえす」と、呼ばないで下さい、「デューエス」です。

前バージョン「テクナールシャンプー&トリートメント」の開発者の場末のB級パーマ屋どS美容師こと森下氏がこの夏、新たに、「素髪へのこだわり」「原点回帰!そのとき美容師 撃退シャントリ」をコンセプトに発売しました。

Pied de Pouleでも、前バージョンのコンセプトに惹かれ、発売してきましたが、この度、このDO-Sシャンプー&トリートメントも併せて発売することになりました。

 

DO-Sシャンプー 500ml ポンプ \3,570

《成分》水 ココアンホ酢酸Na (C11−15)パレスー3硫酸Na コカミドDEA
グリセリン ココイルグルタミン酸TEA ホホバ種子油 ステイン酸グリコール
グリチルリチン酸2K ナイアシンアミド ポリクオタニウムー10
ブチルカルバミン酸ヨウ化プロビニル ヒドロキシプロピルシクロデキストリン
安息香酸Na 香料

頭皮、毛髪を洗浄する事のみ考えたシャンプー。

パーマやカラーの悪い成分を落とす事やシリコンやポリマーなどの皮膜を落とす事のみ考えました。

前バージョンのテクナールより、乳化作用に少しだけこだわりました。

匂いもライム系で、ごく普通です。

シャンプーの使い方は、はじめは2度洗いからです。

汚れ、皮膜の付いている方は1度目は泡も立ちにくいと思います。

その時はゴシゴシとせずにサッと流してください。

2度目もそうです。

泡立ちが良くなるまで続けてください。

泡立ちが良くなったらやさしく洗い、泡が付いたまま、しばらく時間をおいてください。

皮膜等を落としやすくしてくれます。

そしてお流しは、しっかりキュッキュとするまで流してください。

素髪にするのが重要です。

はじめは絡まることもあると思いますが、ここまで流さないとまた髪に皮膜が乗ったままになってしまいます。

ギシギシになっても心配しないでください。

しっかり染み込むトリートメントがありますので。

 

DO-Sトリートメント 500ml ポンプ \3,570

《成分》水 グリセリン セタノール ホホバ種子油 オリーブ油 スクワラン
DNA−K セテアリルアルコール ステアリン酸グリセリル ヒアルロン酸Na
デキストラン チャエキス ヒノキチオール セテアリルグリコシド
ベヘントリモニウムクロリド BG ステアルトリモニウムクロリド
クエン酸 エタノール イソプロパノール フェノキシエタノール
メチルパラベン 香料


ホホバ油とオリーブ油が主成分のアウトバス兼用のトリートメントです。

肌に残ると反応を起こされ方がおれれます。

髪用ですの、髪だけにつけてくださいね。

前バージョンでもあったのですが、ハンドクリームではございません。

あくまでもヘアケア商品ですので、ご理解の上、ご使用ください。

しかも、髪が元気になってきたら、使わなくても一向に構いません。

その場限りのしみ込むトリートメント効果が自慢です。

もちや艶感なんかは、まったく無視しております。

前バージョンのテクナールより、軽いけどしっとりです。

特にパーマスタイルで効果絶大で、スタイリング剤として使えば、フワッと仕上がります。

シャンプー後、毛先のダメージの出やすいところからしっかりと揉み込みましょう。

はじめはサラリとして実感が感じられませんが、付け足し付け足し、しみこませてみてください。

ドンドンしみ込むけど、油っぽさは最小限で、でも、なんだか、しっとり!こんな感じです。

そうしたら毛先の乗っかているトリートメントを手櫛で伸ばし軽く流してください。



シャンプーで、しっかりと余計なものが取れるまでは多少期間も必要になりますが、皮膜も取れ、キューティクルの機能も改善されれば、本来の髪の軽さと、扱い安さ、艶、素髪が取り戻せます。

 

旧バージョンのテクナールシャンプー&トリートメントと新バージョンのDO-Sシャンプー&トリートメントの2本柱で、お客様の髪を大切にして扱っていきます。

 

 
DO−Sシャンプー&トリートメントの生みの親場末のパーマ屋こと"どS"さんのブログ


posted by pieddepoule at 16:53 | Comment(0) | 商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。